2010年10月06日

祖父母から教育費を援助してもらったら、贈与税ってかかるの??

このように、子供の教育は何とか思い通りにしてあげたくても、教育費の負担は想像以上に大きいものです。今までのように右肩上がりで収入が増えるわけではありませんし、住宅や車のローンも残っている現在、まだまだ将来への不安も払拭できません。

そんなとき、祖父や祖母が「かわいい孫のためだもの、少しなら援助できるよ。」ということで、入学金や授業料分を現金で援助してくれたとしましょう。こんな嬉しいことはありません! しかし、これって贈与にならないのでしょうか? 贈与税の対象になってしまうのではないでしょうか?

国税庁のホームページのタックスアンサーには、以下のように記載されています。



■贈与税がかからない場合

<(1)〜(9)まで掲載されていますが、ここでは教育費に関係する(2)だけをピックアップします>
贈与税は、贈与を受けたすべての財産に対して課税することを原則としていますが、その財産の性質や贈与の目的などからみて、次に掲げる財産については贈与税が課税されないことになっています。

(2)夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産

ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育 費とは、学費や教材費、文具費などに充てるための費用をいいます。

なお、非課税となる生活費や教育費として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。したがって、生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税が課税されることになります。



ということは、祖父母に教育費を援助してもらっても、贈与税の課税対象にはならないようですね。但し、そのためにはいくつかの注意点があります。

■注意点@

扶養義務者の間で教育費を負担する場合は贈与税がかからないということですが、誰が子供の扶養義務者なのでしょうか。一般的には両親ということになりますが、両親が十分に教育費を負担できない場合は、祖父母が孫の扶養義務者と考えて差し支えないといわれています。まずは、両親が十分に教育費を負担できるのかどうかにご注意ください。

■注意点A

もうひとつ注意したいのは、援助するタイミングです。タックスアンサーにも書かれているように、支払いが必要な度にその範囲内の額で援助すれば問題はないでしょう。援助した金額を他のことに使用したのでは贈与税の対象となってしまうのは当然です。
では教育費として、例えば「授業料を4年間分まとめて400万円渡しました」というのはどうでしょう。この場合も贈与税の対象となってしまいますので、ご注意ください。

あくまでも、必要なときに必要な額だけ、その都度援助することがポイントとなります。
詳しくは、専門家である会計事務所や、近くの税務署にご相談ください。
posted by 賢く生きるための案内人 at 11:00| Comment(1) | 車代節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洋服 通販 [url=http://www.advanceshopbrotherjp.biz/]アンティーク 時計[/url] <a href="http://www.advanceshopbrotherjp.biz/" title="アンティーク 時計">アンティーク 時計</a>
Posted by アンティーク 時計 at 2013年08月03日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。